HOME診療科・部門紹介 > 診療科 > 麻酔科

診療科

◎麻酔科

診療内容  麻酔科業務の最大の柱は手術室における麻酔管理です。すべての患者さんが安心して手術を受けられますよう、日本麻酔科学会指導医2名で麻酔を行っています。
 当院の1つの特徴は慢性腎不全を合併している患者さんの全身麻酔を年間100件以上行っていることです。腎移植や胃、大腸などの消化器手術、整形外科手術や血管手術が行われていますが、これらは透析療法に精通した麻酔科医が担当するので安心して手術を受けることができます。その他心臓血管疾患や糖尿病、血液疾患などの合併症を持ちながら手術を受けるケースも多くなっていますが、麻酔科医が術前術後を通して責任を持って管理しています。また、骨髄移植の全身麻酔も年間30例程度行っており、骨髄液採取前の健康診断から採取後まで一貫して安全確保に努めています。
実績・症例数
麻酔科管理下
手術件数
慢性腎不全
(透析)症例
骨髄液採取症例
内視鏡手術症例
2004
845
248
23
2005
817
238
17
2006
716
199
30
2007
218
22
2008
739
165
19
2009
625
182
12
82
2010
670
169
21
134
2011
684
170
28
164
2012
611
167
30
177
2013
534
110
25
206
2014
794
148
26
212
2015
619
134
19
182
2016
716
150
14
232
2017
597
139
2
199
所属医師の紹介
氏名

卒業年度
役職名

専門分野
資格・認定医など
中尾 康夫
昭和58年
手術部長
麻酔全般、腎不全患者さんの麻酔、骨髄バンクドナーの安全管理、睡眠時無呼吸症候群の治療
日本麻酔科学会指導医・専門医・認定医、日本透析医学会専門医
沼澤 理絵
昭和63年
麻酔科部長
麻酔全般、腎不全患者さんの麻酔、心肺蘇生、緩和・ペインクリニック
日本麻酔科学会指導医・専門医・認定医、日本透析医学会指導医・専門医、日本ペインクリニック学会専門医
ページの先頭へ
開成病院 病院広報 緩和ケア病棟通信 学術