札幌北楡病院 免疫細胞療法センター
札幌北楡病院 免疫細胞療法センター
札幌北楡病院 免疫細胞療法センター

札幌北楡病院
札幌北楡病院
サイトマップ
ホーム  >  免疫細胞療法について

免疫細胞療法について

免疫細胞療法とは~ 当センターの樹状細胞ワクチン療法について~

私たちの体内では、1日に約5,000~6,000個の細胞ががん化しているといわれますが、皆ががんになるわけではありません。それは、私たちの体に生まれつき備わっている免疫の力によって、がん細胞を排除する仕組みが働いているからです。
 このがん細胞を攻撃、排除する免疫の働きをがん治療に応用したのが「がん免疫細胞療法」です。当センターでは、これらの中でも患者さんの細胞を使ってがんだけを正確に狙い撃つ、最先端の『樹状細胞ワクチン療法』を提供しています。

がんと免疫に関する研究の進歩によって、がん患者さんの体内では、がん細胞を排除するための免疫の仕組みが上手く機能しなくなっていることが明らかになってきました。体内の免疫細胞ががん細胞をきちんと認識できす、がん細胞を正しく攻撃できない状態です。
 免疫を使ったがん治療は、丸山ワクチンを始め色々な療法が開発されてきましたが、これらは「体全体の免疫を活性化して正常な細胞以外は何でも攻撃の対象」となっていて、必ずしもがん細胞が明確に攻撃の対象として認識できていたわけではありませんでした。

この課題を解決に導いたのが「がん抗原」の発見でした。がん抗原とは、がん細胞が出している目印のことで、これをターゲットにすれば効率的にがん細胞を攻撃できると考えられたのです。こうして、がん細胞だけを狙い撃ちする治療のアプローチが確立し、誕生したのが
「樹状細胞ワクチン療法」なのです。

ご予約・お問い合わせ

0120-755-706
電話をかける

受付時間 : 09:00~12:00
     : 13:00~17:00
休診日  : 土曜・日曜・祝日

医療相談ご予約
資料請求・お問い合わせ

交通アクセス

地図

札幌市白石区東札幌6条6丁目5-1

大きな地図はこちら